乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん予防 > 乳腺症と乳がんのリスク

乳腺症と乳がんのリスク

乳腺症によって乳がんのリスクは高まるのでしょうか。

乳腺症とは乳がんと間違われやすい良性の病気です。しこりや痛みなどがその症状で、乳がんと症状が非常に似ているところがあります。

そのため乳がんと間違われてしまうこともあります。また乳腺症だと知って安心して定期健診を受けないのはどうしても避けたいパターンです。

乳腺症は乳がんのリスクに関係するの?

乳腺症の原因はホルモンのバランスが崩れることがその一因として考えられています。乳腺症が触診などでわかった場合はその中にがんがないかどうかをマンモグラフィなどを利用して検査することも必要だと専門家は助言します。

また、生検等で増殖性所見が見つかった場合は乳がんのリスクが高くなると考えられています。そのため、定期的な検診が何よりも重要です。

関連記事

 

メインメニュー
About