乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん予防 > 乳がんのリスクが高い人

乳がんのリスクが高い人

乳がんのリスクが高い人とそうでない人の違いは何でしょうか。現在までに分かっていること、研究結果などをもとにしてご紹介します。

乳がんのリスクが高い場合:遺伝他

母親や姉妹が乳がんになった場合、一般的に乳がんのリスクは高くなると考えられています。「乳がん情報ネット」によればそのリスクはおよそ2倍であると言います。

厚生労働省の研究班が行った調査では他のリスクについても報告があります。その1つ目は初潮年齢です。初潮年齢が速い人(14歳未満であった場合)は初潮年齢が16歳以上の人に比べて乳がんのリスクが高く、およそ4倍。

さらに閉経の年齢が54歳以上の人は48歳未満の人に比べて乳がんのリスクが高い傾向にありました。(およそ2倍)

また、肥満の女性もリスクが高いことが分かっています。

 

関連記事

 

メインメニュー
About