乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん予防 > 乳がん予防と食事

乳がん予防と食事

乳がんを予防するための食事にはどんな点に気を付けるべきでしょうか。

日本人女性に乳がんが増加している理由は晩婚や出生率の低下などが挙げられます。そういったことが乳がん増加に関わっている原因は、エストロゲンが分泌される期間が増加しているから・・・と考えられていますが、食事にも何かしらの関係があると考えられています。

乳がんを予防するための食事とリスク

乳がんを予防するための食事には欧米スタイルの食事をやめて和食に切り替えた方がよいという人もいます。

ある調査では脂肪のとりすぎと乳がんのリスクについて研究が行われていますが、その結果、両者に関係性が認められたということになっています。これはアメリカ人を対象にしたものですが、他の調査では脂肪の摂取との関連性はないという結果にもなっており、どちらも確実とは言いがたいようです。

しかし、脂肪をとることで肥満につながるとすればそれはリスクとなります。肥満は乳がんのリスクを高めるからです。

乳がん予防のためにはとにかくバランスのとれた食生活が大切。そして適度な運動も良いとされています。

関連記事

 

メインメニュー
About