乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん予防 > 乳がん予防と飲酒について

乳がん予防と飲酒について

乳がんを予防するという意味では飲酒に気をつける必要があります。

とは言っても、飲酒は適量であれば、様々な健康効果があると言われています。例えば心臓血管系への効果は知られています。ただし、乳がんのリスクを高めてしまうこともあります。

乳がん予防と飲酒

乳がんを予防するために、飲酒によるリスクは知っておいても損はありません。

乳がんのリスクに関する本を執筆した米国、イリノイ大学のエプスタイン博士によれば、適量の飲酒であってもエストロゲン補充療法中の女性の場合、飲酒によって乳がんになるリスクが高まるといいます。

また、早期からの飲酒(成人してからすぐ)、飲みすぎには共に乳がんのリスクを高めるのだといいます。

関連記事

 

メインメニュー
About