乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がんニュース・トピックス > 自分でもできる乳がんチェック

自分でもできる乳がんチェック

乳がんは自分でも発見できるがんです。以前にもご紹介しましたが、日本乳がん学会の調査によると乳がんの82%は患者自身が発見しているという報告もありますから、自分で定期的に乳がんチェックを行うことが重要です。

乳がんチェック

乳がん自己検診方法ではより詳しくふれていますのでそちらも参考にしていただきたいのですが、今回はBreastcancer.org(米国の非営利団体のホームページ)にて紹介された乳がんチェック方法について記載します:

・ 鏡に向かって立ち、肩をまっすぐにして両手を腰に当てる。乳房の大きさや形、色に変化がないか、皮膚の腫脹や出っ張り、乳首の変化、発赤や湿疹の兆候がないか調べる。

・ 両腕を上に伸ばし、上記のような変化がないか調べる。

・ 左右の乳首を優しく絞り、分泌物がないか調べる。

・ 上向きに横になり、片手で反対側の乳房を調べる。乳房全体のすべての組織に触れてしこりや異常を調べるが、深部は指を押し当るようにして触れる。

・ 立位か座位で乳房全体を調べる。皮膚が滑りやすいシャワーを浴びている間に調べてもよい。

出典:HealthDayNews 07年8月23日

乳がんチェックは少なくとも1ヶ月に1回生理の後に行いましょう。

2008年7月3日

関連記事

 

メインメニュー
About