乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がんの症状 > 乳がんとしこりの大きさ

乳がんとしこりの大きさ

乳がんのしこりの大きさってどの位で分かるものでしょうか。

一般的に乳がん検診(触診)でわかる大きさは2センチ程度であると言われています。この大きさはちょうど1円玉の大きさにあたりますから、例えば医師でなくとも患者が自ら触っても発見できる程度の大きさであるといえます。

乳がんと手で触れてもわからないしこりの大きさ

しかし、超早期段階で発見するにはしこりが小さなうちであればあるほど、治癒する確率が高くなるのは言うまでもありません。

1センチほどでも自分で発見する患者さんもいるようですが、それ以下になれば手で触れても分からないものです。さらにそれ以前の石灰化であれば手で触れてもまったくわかりません。

そういった手で触れてもわからないしこりを発見するのがマンモグラフィであったり超音波検査であったりするわけです。

関連記事

メインメニュー
About