乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がんの症状 > 乳がんの自覚症状

乳がんの自覚症状

乳がんにはどんな自覚症状があるのでしょうか。まずはじめに申し上げておきたいのが、初期段階で乳がんの自覚症状は殆どないということです。

ですから、何よりも定期的な乳がん検診が必要なのです。乳がんはもう年配の人がかかる病気ではありません。20代で発生することもありますし、30代でも乳がんが増えているのです。

初期の頃は自覚症状がなくとも、進行してくると症状が現れてくることがあります。

乳がんの自覚症状は

初期段階で発見したい乳がんですが、進行してくると下記のような症状が現れることがあります。

・しこり(乳房のみならずわきの下にできることも)
・乳頭から血の混じった分泌物
・乳頭や乳輪のただれなど
・えくぼのようなくぼみ
・皮膚の異常(赤くはれたり、オレンジの皮のように毛穴が目立つ、などなど)

ここに記載してあるのはほんの一例にしかすぎません。定期検査に加え、乳房やわきの下など異常を感じたらどんな小さなことでも必ず医師に診てもらってください。

関連記事

メインメニュー
About