乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がんについて > 乳がんの危険因子

乳がんの危険因子

日本では現在のところ、(2007年時点では)およそ25人から30人に1人が乳がんになると言われています。アメリカなどではその頻度がもっと高く、8人に1人と言われています。

欧米化する日本の食生活も、乳がんが急増していることに深く係わり合いがあるのではないかと考えられているのです。

乳がんの危険因子は?

さて、そのアメリカの米国癌協会は乳がんの危険因子について下記のような物事を挙げています:

・子供を産んだことがない
・経口ピル(経口避妊薬)を使ったことがある ※
・閉経後ホルモン補充療法
・アルコールの飲みすぎ
・肥満や食生活の乱れ
・運動不足など

※ 利用していた期間や年齢によって違う

関連記事

メインメニュー
About