乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がんについて > 乳がんの種類について

乳がんの種類について

乳がんの種類は進行の度合別と出来る場所によって2つに大きく分けることができると思います。

乳がんの種類

乳がんとは乳腺にできる悪性の腫瘍のことですが、がんが出来る場所によっておおまかに3つに分類することができます。

1つ目は乳管がん。現在のところ、全体のおよそ9割が乳管にできる乳管がんと言われています。2つ目が小葉から発生する小葉がんで、全体の5%程度がこの小葉がんであると言われています。3つ目は乳頭がただれたりするパジェット病と呼ばれるものです。

またこれらのがんもさらに2つに分類することができます。1つ目は非浸潤がんといって、がんが乳管や小葉の中でとどまっているタイプ。2つ目が浸潤がんと言って、乳管や小葉から外に出てしまった状態のものになります。

関連記事

メインメニュー
About