乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん治療 > 乳がん手術後のリハビリテーション

乳がん手術後のリハビリテーション

乳がん手術後のリハビリテーションは日常的な生活を今後行ってゆく上で非常に大切なことになります。

一般的に乳がん以外の病気で手術した場合などと同じように乳がんでも手術後にはリハビリテーションを行います。その場合、それぞれ手術を行った病院で指導されるはずです。

乳がんのリハビリテーションに家事も

病院で指導されるリハビリテーションはあせらず、ゆっくり出来る範囲で行ってゆくこと、そして継続して行ってゆくことが大切です。

通常は術後の経過日数に応じてリハビリテーションのプランが変わってきます。体の前で両手を組んで行う運動や背中で手を組んで行うものなど・・・になります。

自宅では手術を行った後は家事がおっくうなものになりますが、家族の協力を得ながらまずは出来ることからはじめることはとてもよいリハビリテーションになります。ただ、乳房全切除をした人は体のバランスが悪くなると考えられていますから、台にあがったりといった作業は十分注意する必要があります。

関連記事

メインメニュー
About