乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん治療 > ラジオ波を使った治療法

乳がん / ラジオ波を使った治療法

乳がん治療方法にラジオ波熱凝固療法という治療法が登場し、2006年に各種報道機関にて紹介されています。

乳がん治療は以前の乳房全切除という方法から乳房温存へと移行し、さらに医療は進化しています。

乳がん治療にラジオ波:その概要など

乳がんのラジオ波治療の利点は何より患者への負担が少ないことや入院が基本的に必要のないことなどが挙げられます。その欠点について「切らない乳がん手術」を運営する新宿ブレストセンター クサマクリニックは、

・長期にわたるデーターがない
・効果の判定が困難
・長期間にしこりが残る場合がある

出典:切らない乳がん手術 (ラジオ波熱凝固療法)
http://www.breast-guide.net/no_cut/index.html

といったことを指摘します。ラジオ波を使った乳がん治療は乳房温存術と同じように腫瘍が小さなものに限定されていますが、近年ではマンモグラフィーなどを使うことで小さな腫瘍が発見されることも多いのだといいます。

関連記事

メインメニュー
About