乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん治療 > 乳がんと放射線治療

乳がんと放射線治療

乳がんの治療法のひとつが放射線治療です。

がん細胞を手術によって取り除きますが、それでもごく小さなものが残っている可能性も否定できません。現段階では分からなくとも、後々になって進行してきてがんが再発するということも考えられないわけではありません。

そこで行われる治療法のひとつが放射線治療です。

乳がん再発防止と放射線治療

乳がん手術後の放射線治療は小さながん細胞が残っていた場合、それをX線を照射することによって殺してしまおうという治療法です。

乳房温存手術だけでなく、乳房切除手術を行った人でもがんがどれだけ進行していたかによって放射線治療を行う場合もあります。

また、治療を開始するタイミングなどは他の治療法との兼ね合いも考えて行われます。

関連記事

メインメニュー
About