乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん治療 > 乳がんとホルモン療法の副作用

乳がんとホルモン療法の副作用

以前にご紹介したホルモン療法の中で代表的な薬、タモキシフェンについて触れています。乳がんの再発予防や進行を抑制するためにエストロゲンの分泌を抑えたり、働きを阻害するのがこの薬の働きです。

しかし、他の薬同様にタモキシフェンにも副作用はあります。

ホルモン療法の薬、タモキシフェンの副作用

乳がんの再発防止などにも力を発揮するタモキシフェンは大規模な臨床試験などでもその効果が証明されてきました。

しかし、その副作用として考えられることのひとつが子宮体がんの発症率が数倍にもなるということです。しかし、子宮体がんの発症率自体が非常に低いため、乳がん再発(等)の予防を優先するといったことの方が患者にとってメリットがあると考えられてきました。

現在では子宮体がんのリスクが上がらないタイプのホルモン療法の薬などもありますが、今のところタモキシフェンに比べて、十分な臨床試験が行われていないことも考える必要があるのかも知れません。

勿論、これからそれが変わってくる可能性は十分にあります。最新の情報はかかりつけの医師に相談する必要があります。

関連記事

メインメニュー
About