乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん治療 > 乳がんと抗がん剤(化学療法)治療

乳がんと抗がん剤(化学療法)治療

乳がんの治療法のひとつに抗がん剤を使う方法(化学療法)があります。

抗がん剤(化学療法)はがん細胞の動きをとめたり、増殖を抑えたり、またはがんを殺すことを目的として行われますが、一般的に乳がんは抗がん剤がききやすいと考えられています。

乳がんと抗がん剤治療(化学療法)について

抗がん剤(化学療法)は乳がん全てに使われるわけではありません。例えば、早期の乳がんで乳管内に留まっている段階では抗がん剤を使わなくとも完治させることが可能です。

それより先の段階であっても一定の判断基準に基づいて抗がん剤が用いられます。抗がん剤は手術後に用いられる場合と、術前に用いられる場合もあります。術前に抗がん剤を用いたために乳房温存手術が可能となったというケースもあります。

副作用も気になる抗がん剤ですが、それを和らげるための方法もあります。また、もっと効果がある抗がん剤を求めて日々研究が重ねられています。

関連記事

メインメニュー
About