乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 乳がん手術後の対策と検査

乳がん手術後の対策と検査

乳がんの手術後の対策と検査・・・ということですが、乳がんの手術後も検査は当たり前ですが、行う必要があります。

特に片方の乳房に乳がんが見つかった場合、もう片方に乳がんが出来る確率が他の人よりも高いということも分かっています。

乳がん手術後の検査

そのため万が一でも再発があるような場合は早期発見のためにも毎月の自己検診が大切です。自己検診の方法については手術を行った病院で指導があると思いますが、必ず継続しなければいけません。

他に、毎年マンモグラフィと超音波検査が必要です。専門家によって多少期間のずれはあると思いますが、3ヶ月から6ヶ月に一度は視診、触診を受けることをすすめられると思います。

いずれにしても医師に指示に従う必要がありますね。

関連記事

メインメニュー
About