乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 乳がんは触診だけでは不十分

乳がんは触診だけでは不十分

乳がん検診のひとつに触診というものがあります。

触診や視診とは医師が乳房やわきのしたに実際に触れてしこりやただれ、くぼみ、乳頭からの分泌物など乳房の異常を確認する検査のことです。

乳がん検診と触診

触診は人の手によって行われます。勿論、女性であれば男性に診てもらうのが嫌なもの。最近では女性だけの医師やスタッフの乳腺外来もありますから、ひとつの病院にこだわらないで色々と問い合わせてみることも良いと思います。

しかし、触診だけでは十分な検査とはいえません。何故なら、乳がんの初期段階では手に触れるしこりが確認できないケースもあるからです。

そういった場合でも早期発見ができるように考えられたのが、マンモグラフィや超音波検査です。これらの検査方法に関しては別の項目でご紹介していますので参照下さい。

関連記事

メインメニュー
About