乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 乳がんと細胞診

乳がんと細胞診

乳がんの検査に細胞診というものがあります。細胞診とはその名前の通り細胞を取り出してがんであるかどうかを調べる検査です。

乳がん検診と細胞診

細胞診はしこりなどに針をさして細胞を吸引する方法ですが、手にふれないようなしこりの場合は超音波で確認しながら細胞を採取する方法もとられます。

乳頭からの分泌物を採取して顕微鏡で調べる分泌液細胞診という検査もあります。

細胞診は比較的短時間で終わる簡単な検査ですが、乳がんが早期の場合には判断が難しい場合もあると考えられています。

関連記事

メインメニュー
About