乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 妊娠中の乳がん検診(検査)

妊娠中の乳がん検診(検査)

妊娠中は乳がん検診(検査)を受けられるのでしょうか。

妊娠中は乳がんにならないのではないかと考える方もいるかも知れませんが、決してならないわけではありません。さらに妊娠している時はエストロゲンの分泌量も多く、逆に進行が早いと一般的に考えられています。

妊娠中の乳がん検診(検査)に適しているもの

妊娠中の乳がん検診(検査)ですが、どういったタイプが適していると考えられているのでしょうか。検診には視診、触診、マンモグラフィー、超音波検査などがあります。

視診や触診は勿論、問題ありませんが、マンモグラフィーは被曝の面から妊娠中は一般的に受けることができません。よって超音波検査が妊娠中はよく行われます。

超音波検査なら被曝の心配などもなく、安全であるからです。

関連記事

メインメニュー
About