乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > マンモグラフィと超音波検査の比較

マンモグラフィと超音波検査の比較

マンモグラフィと超音波検査の違いはどこでしょうか?まず、マンモグラフィが乳房のX線検査であるのに対して超音波検査(エコー)は人間の耳では聞き取れない波長を利用し、跳ね返ってきた情報を画像化したものです。

それぞれの利点と欠点については他でも紹介していますが、ここで簡単にまとめてみます。

マンモグラフィと超音波検査

マンモグラフィの利点は何といっても石灰化(超初期の段階)を発見することができる点です。また、乳房が一枚のフィルムに収まりますから、以前との比較も簡単です。ただし、放射線被曝があるので、妊婦などは受けることができませんし、あまりにも頻繁に受けることはできません。

超音波検査は被曝の心配がなく、手ではわからないしこりなどを発見することもできます。若い女性で乳腺が濃い場合でもしこりを発見することもできます。(マンモグラフィはこの場合、あまり適していないと考えられていますが、石灰化は発見できます)。

逆に超音波検査の欠点は石灰化を発見するのが難しい点にあります。そのため、両方をあわせて受けることがすすめられます。いずれにしても疑問点などがあれば必ず医師に相談してみましょう。

関連記事

メインメニュー
About