乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > マンモグラフィ検査の特徴

マンモグラフィ検査の特徴

マンモグラフィ検査は乳房のX線検査です。ごく早期の乳がん(石灰化)なども発見することができ、早期発見に大きな成果を挙げているといわれてます。

しかし、やはりX線検査ですからその欠点としては被曝が挙げられます。

マンモグラフィ検査は使い分けて

マンモグラフィ検査は被曝がありますから、特別なケースをのぞいて妊婦の方などは受けることができません。また、結果に納得いかない・・・といって何度も何度も頻繁にマンモグラフィを受けることはあまりよいことではありません。

その人その人によって変わってきますが(乳がんのリスクが高い人やそうでない人など)一般的には30代からマンモグラフィを受けることをすすめられると思います。(医師に確認してください)

若い頃は乳腺の密度が濃いためにマンモグラフィではしこりが発見しにくいこともありますが、そういった場合には超音波検査が行われます。(石灰化は発見できます)

また、いくらマンモグラフィ検査が優れているといっても結果を判断するのは人です。専門家によっては1割以上見落としがあると言う人もいます。そのため、30代からは超音波や視診、触診などと組み合わせて検査を行うことが大切です。

関連記事

メインメニュー
About