乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 超音波で診断しにくいもの

乳がん検診 | 超音波で診断しにくいもの

乳がん検査方法のひとつに超音波検査が挙げられます。被曝の心配がないことから授乳中の母親や妊娠中の女性などでも安心して受けることができるのが利点の一つです。

また、特殊なケースを除いて若い頃からX線検査で度々被曝するのはあまり良いとは考えられず、そういった意味でも超音波検査は向いているといえます。

超音波検査で診断しにくいものとは

他の乳がん検査方法と同じく超音波検査にも欠点はやはりあります。超音波で診断しにくいのは乳がんの超初期段階といえる石灰化です。

これに関してはマンモグラフィの方が優れています。

関連記事

メインメニュー
About