乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 乳がん検診 超音波の利点と欠点

乳がん検診 | 超音波の利点と欠点

乳がん検診で行われるのは視診や触診のほかにもマンモグラフィ(X線検査)や超音波(エコー)検査などがあります。

超音波検査の利点と欠点などについて少しだけ見てみましょう。

乳がん検診の超音波検査

乳がん検診で行われる超音波検査には他の検査方法と同様に利点や欠点があります。例えば、視診や触診などは手軽にいつでも行うことが出来るのが利点であれば、小さなしこりなどを見落としてしまう可能性があるのが欠点です。

超音波検査の利点は特に若い女性など、乳腺が発達している女性の場合、マンモグラフィよりもしこりが発見されやすいと考えられていることです。(石灰化はマンモグラフィで詳しく出ます)

また、妊娠中の女性などは被曝の心配がありませんし、何度も検査を受ける場合などにも超音波検査は適しているといえます。

逆に超音波検査の欠点は超早期の石灰化が見つけ難いことが挙げられます。そのため、マンモグラフィと超音波検査を両方とも受けることでお互いの欠点をカバーできるということになります。

関連記事

メインメニュー
About