乳がんガイド.net
乳がんガイドnet > 乳がん検診 > 乳がんの超音波検査とは

乳がんの超音波検査とは

乳がんにおける超音波検査とは一体どういったものなのでしょうか。

超音波とは人の耳では聞き取ることのできない波長のことを言います。エコー検査とも言うことができます。これをどうやって利用するのかというと、超音波を当てて、跳ね返ってきた(エコー)情報を画像化することで使います。

乳がんと超音波検査

乳がんの検査で使われる超音波検査は乳房にジェルを塗って行いますが、痛みは全くありませんし、またマンモグラフィのように被曝(放射線にさらされること)も心配はありません。(だからといってマンモグラフィが効果的でないわけではありません)

また、マンモグラフィ同様に手で触れても分からないような小さなしこりも見つけることが可能です。特に乳腺が発達している女性に向いていると考えられていますが、マンモグラフィのように小さな石灰化を発見するのは困難であると言われています。

関連記事

メインメニュー
About